雑音教室

music life

ハハノシキュウ、ダンジョン負けたってよ

今日は雑記。

当ブログも少しアクセス数が増えた。

その理由がこちら

 

ongakusheets.hatenablog.com

 

 

11月28日深夜放送のフリースタイルダンジョンに出演したからだ。

 

 

 

今日は『何負けてんだよ!』と書こうと思ったけど。そんな事書いても意味ないからやめとく。

 

ぶっちゃけ、輪入道が対戦相手と分かった時、「あ、やばくない?」と思ったのも事実だ。後付で言うわけじゃない。例えばFORK、裂固あたりと戦って、屁理屈を言いまくる姿は想像できたけど、輪入道相手にその想像が全くできなかった。

 

 

上がったラインは「いとうせいこうの『想像ラジオ』から読み直せ」ぐらいかな。

お前の大将は足し算と引き算しかできないらしいが、こっちは掛け算で躓いてんだよ

大将がFORKを指し、「韻を足すんじゃなくて引くことを考えてる」ってFORKがバトルで言ってた事から足し算の話だしたらしいけど、これ気づかないよね(笑)大将=般若じゃない?

 

だから、ハハノシキュウ贔屓でも判定結果に対して意義は無いかな、って感じです。

 

というわけで、ダンジョンで一番見たかったハハノシキュウ。本音を言えばもっと見たかったけど(ぶっちゃけ般若とやるところを)地上波で見れたので大変満足でした。

 

 

そういえば、ハハノシキュウは以前ツイッターで、「僕がフリースタイルダンジョンに出ることになったら、勝つことよりもインパクトを残すことに力を注ぐ」的な事を言っていたと思う。だから、個人的には紹介VTRでKEN THE 390に「俺と戦え!」ぐらいとんでもない発言をかましてくれるかな、って少し期待していた(笑)

 

 

 

音源もいいから、買ってみてね!

 

 

リップクリームを絶対になくさない方法

リップクリームを絶対になくさない方法

  • アーティスト: ハハノシキュウ,沈黙を語る人
  • 出版社/メーカー: インディーズレーベル
  • 発売日: 2012/05/11
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 以下2作品は12月発売

 

ヴェルトシュメルツ

ヴェルトシュメルツ

 

 

 

3年後まで4年かかるタイムマシン(LIMITED EDITION)

3年後まで4年かかるタイムマシン(LIMITED EDITION)

 

 

 

最後のコメントの「人生は掛け算なので 僕が0なら意味はない」はジュークの『あの青をこえて』の歌詞ですね。(一番上がったのはココかもしれない。笑)(実は19ファンでした)

 

コンプリートBEST 青&春

コンプリートBEST 青&春

 

 

「俺がNo.1 HIPHOP DREAM」は言わずもがな、ZEEBRAですね。

 

 

 

 バトルのハハノシキュウならコレが一番好き。

 

それでは、あでゅー。

 

「アーティスト人生終わった」ハハノシキュウのフリースタイルダンジョン後記 - KAI-YOU.net

 

 

元19の326は今マツコデラックスと同じ事務所だってよ。