雑音教室

music life

【メジャーデビュー】Creepy Nuts、メジャーシングル延期の真相!

2017年11月7日更新 

2017年8月2日(水)に発売を予定し、諸般の事情に伴い発売を延期しておりました

Creepy Nutsメジャーデビューシングル 『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。』につきまして、発売日が2017年11月8日(水)にて決定いたしました。

 

Creepy Nutsのオフィシャルウェブサイトより

 

本日店着日!

 

いやー待ったぜ!

 

待ちくたびれたぜw

 

 Tシャツ付買おうかなー。R-指定いっつも自分たちのTシャツ着てたよねw

 

 

あーっと前回の記事

 

ongakusheets.hatenablog.com

 

この記事内で、R-指定の学歴が大学中退と書いたけど。正確には

 

「借りてた奨学金が底をついて、学生課に相談に行ったら『退学する場合、前期分の学費を納めてください。納めない場合は除籍となります』と言われたんです。『除籍』の場合、その大学にいた事実が抹消され、最初からいなかった事になるらしいんで、つまり、僕の最終学歴は高卒です」との事。

 

奨学金借りて大学行ってたのか。

 

なんか、やっぱりR-指定って時代を映すラッパーだな。出てくるべくして出てきた感あるな。

 

 発売延期の真相は?

 

WREPでZEEBRAとのラジオで、理由を話してました。

「発売延期になった理由は、トラックの権利関係なんですけど。あんまり業界以外の人に話してもわかりづらいんで、『俺たちがhiphop過ぎたんや』って言うてますw」ということです。

 

これ、ここを読んでる人で「?????」となってる人にざっくり説明します。

 

Creepy Nutsのトラック(後ろで流れている音の事)を作る際、サンプリングと言って、CDやレコードから曲の一部分を抜き取って、それを切って貼って作るんですね。つまり、他人が作った音楽の一部をそのまま使っているんです。で、もちろん人が作って、販売しているものだから、例え数秒しか抜き取ってないとしても、許可を取る必要があるんです。ジブラはそれを「サンプリングのクリアランス」と表現していました。

 

で、彼らは中々そのサンプリング元の楽曲の製作者(もしくは販売元)の許可を取るのに苦労して、リリースが延期してしまったんですね。(許可が下りなかった理由は語らず。ジブさんの話だと、元の楽曲の製作者と連絡が取れないという事もよくあるみたいです。サンプリングの元ネタが有名なアーティストだと困らないでしょうけど、全然売れなくて今はバンドやってないとかだと大変そうですねw)

 

サンプリングはhiphopにとって大切で、hiphopの魅力の一つです。

 

だから『俺たちがHIP HOP過ぎた』という発言になったんですね。

 

 

 

とにかく発売できて良かった。俺も早速明日聴きまーす!

 

 

たりないふたり、聞いたことない人は是非チェック。パンクロックの歌詞が好きな人はハマると思うぜ!

たりないふたり

たりないふたり

 

 

 『みんなちがって、みんないい』はディスソングじゃないってさ。